弁護士事務所の疑問

弁護士事務所TOP

弁護士事務所って?

弁護士事務所は、法律事務所ともいいます。

一般的に、一人の弁護士によって構成される場合と、複数の弁護士によって構成される場合があります。日本には、弁護士法人と言う弁護士が属する社団法人がありますが、多くは、この社団法人に属さず、個人で弁護士事務所を構える弁護士が多いです。

以前は、複数の弁護士で構成される弁護士事務所でも数十人規模でしかありませんでしたが、2000年には100人を超える弁護士が所属する弁護士事務所が出来ました。大規模な弁護士事務所の場合は、多くの弁護士が同僚として働いており、連携的な働きが期待されますが、あまり人気な弁護士は、弁護士1人につき法律事務員が何人もつき、なかなか弁護士と話が出来ないという問題があります。

しかし、あまりにも小規模な弁護士事務所で、事務員もほとんどいないような場合、経費を削減していい加減な調査が行われる可能性があります。

もちろん、小規模でも、きちんとした調査を行い、法的に問題を解決してくれる優秀な弁護士事務所は数多くありますし、大規模でも、有名な弁護士と直接話しは出来なくても、他の弁護士が充分カバーしてくれるとこともたくさんあります。

弁護士事務所を探す場合は、見た目や規模にだまされる事なく、自分と相性がよく、自分の問題を解決するにあたり、自分の代理人として信頼出来る人に依頼する事が大切です。

一般に、日本の弁護士事務所は、1人の弁護士で構成される場合が一番多く、一人で依頼を全て担当するので、あまり大規模な案件は扱えない事が多いです。大きな案件は、企業弁護士などが担当する事が多いとされています。

弁護士になるには、司法試験を受ける必要がありますが、司法試験は2011年から完全に新しい形式の試験に移行し、合格者が増えるであろうと予測されています。

この為、大規模な弁護士事務所が増えたり、小規模の弁護士事務所であっても、数が益々多くなるとよそくされ、自分にあった弁護士を探す事がより重要になるでしょう。

INFOMATION

弁護士事務所の基礎知識

弁護士事務所に相談する

弁護士事務所の利用

弁護士事務所で働く

弁護士に似た職業

弁護士になるには

Copyright (C) 弁護士事務所の疑問 All Rights Reserved